メソッドやノウハウを実践しても期待した効果が出ない理由


世の中には、
さまざなメソッドやノウハウが
あふれています。

 

私が関連しているところで言うと、
「良好な夫婦関係を築くメソッド」
とかね。

 

中には、
お金儲けだけを目的にした
全く効果の出ないインチキな
メソッドやノウハウもあるかと思いますが、

実際の体験や地道な研究をもとにして、
世の中の役に立つようにと
作られたものであれば、

どんなものであっても、
それに真摯かつ真っ当に取り組むことで、
それなりに効果って
出るものなんじゃないかな
と思います。

(合う合わないはあるでしょうから、
 絶対そうだとは言えないですが・・・)

 

ただし、それは、
メソッドやノウハウの目的を
理解して正しく実践するならば、
という条件つきですね。

 

前回の記事で、夫婦の間で

「正論が通じない」
「理屈が通じない」
「自分の言っていることは
 正しいはずなのに、
 相手が言うことを聞いてくれない」

ということが起きるのは、
愛情と信頼のバランスが崩れている
(=関係が悪化している)から
ということをお伝えしました。

 

夫婦の間で
「正しいか・正しくないか」
「悪いか・悪くないか」
というモノサシが機能しなくなっているときには、

だいたい同時に
「相手が自分の言うことを聞いてくれない」
「相手が自分の思う通りに動いてくれない」
という状態にも陥っていると思います。

 

この状態でいることは
思いのほかストレスのかかるものですが、

たとえば、この
「相手が自分の言うことを聞いてくれない」
「相手が自分の思う通りに動いてくれない」
という悩みを抱えている
Aさんという人がいるとしましょう。

 

Aさんが、
この状態を解消すべく
何か効果的なメソッドやノウハウを
探していたところ、

「あなたにでもできる!
 ラブラブ夫婦になる方法」

みたいなメソッドを見つけたとします。

 

その案内ページには、
そのメソッドに取り組むことによって
得られる効果として

・ダンナさまがあなたの望むことを
 してくれるようになる

みたいなドンピシャな効果が
記されていました。

 

Aさんは
「よし!これぞ探し求めていたモノ!
 さっそく実践!」と、

そのメソッドを構成している、
相手に対する声のかけ方や
働きかけ方のノウハウを使って
ダンナさんに〇〇をしてもらおうと、
実際に働きかけてみました・・・が、

期待に反して、
ダンナさんは〇〇を
してはくれませんでした・・・。

 

なぁんだ、全然ダメじゃん。

このメソッド、
参考にはなるかもしれないけど、
ウチのダンナには全く効果がないや・・・。

他にもっといい方法はないかな~。

 

と、Aさんは、そのメソッドを捨てて、
もっといいメソッドやノウハウを探して
放浪の旅に出てしまったのでした。

 

↑上記のAさんの一連の行動、
どこに問題があると思いますか?

 

Aさんが悩んでいたのは、

「ダンナさんが自分の言うことを
 聞いてくれないこと」や

「ダンナさんが自分の思うように
 動いてくれないこと」でした。

 

で、見つけたメソッドの案内の中に、
このメソッドを実践すれば
得られる効果として

「ダンナさまがあなたの望むことを
 してくれるようになる」

とあったことから、

「これぞ私の探していたモノ!」

と実践してみたものの、
望んでいた効果は得られなかった
というオチなのですが・・・。

 

そもそも、

「あなたにもできる!
 ラブラブ夫婦になる方法」

というこのメソッドのタイトルからして、
Aさんが見つけたメソッドの目的は
「ラブラブ夫婦になること」にある
わけです。

 

そう。

このメソッドの目的は、

「ダンナに自分の言うことを
 聞かせること」でも

「ダンナを自分の思い通りに
 動かすこと」でも

ない
のです。

 

そのメソッドを構成している、
ダンナさんへの声のかけ方や働きかけ方、
話の聞き方などは、

「ラブラブ夫婦になる」ための
道筋のひとつではあっても、

それをもってして、
ダンナさんに自分の言うことを
聞かせたり、
ダンナさんを思い通りに
動かしたりするためのものでは
ないのです。

 

つまり、Aさんは、
メソッドの目的を正しく
理解していなかった
ということですね。

 

そもそも、
前回の記事でもお伝えしたように、

相手が自分の言うことを
聞いてくれなかったり、
耳をかしてくれなかったり、
ということの多くは、

夫婦の間で
愛情と信頼のバランスが
崩れてしまっているがゆえ
に起こってくることです。

 

逆を言えば、

「愛情と信頼のバランスが
 いい状態で保たれている
  =良好な夫婦関係が保たれている」

からこそ、
相手は自分の言うことを聞いてくれるし、
自分の望むように動いてくれるわけです。

 

だから、
声のかけ方や働きかけ方、
話の聞き方などのノウハウは、

それを積み重ねていくことで、
だんだんといい関係を
作っていくためには役立つけれども、

良好な関係ができる前に
「自分の言うことを聞かせるため」
に使っても

思い通りの効果を発揮する
ものではないということですね。

 

なので、
このAさんのように、

メソッドの目的を正しく理解しないまま、
それを構成するいくつかのノウハウを
つまみぐいして

効果が出ないからと言って、
メソッドを渡り歩いていっても、
なかなか思うような効果は
得られないわけです。

 

ということで、
お悩みなどを解消するために、
何かのメソッドなどに取り組む際には、

その目的を正しく理解し、
そのメソッドに順番などがあれば
その順番に沿って、

腰を据えて取り組んでみてくださいね。

 

ちなみに、この
「相手が自分の言うことを聞いてくれない」
「相手が自分の思う通りに動いてくれない」
状態というのは、

すごくストレスがかかるものなので、
なんとかこの状態を解消しようと、

効果を確かめやすい
テクニック的なノウハウを
求める方向に流れがちになります。

 

ですが、結局は、
関係性の良し悪しの問題に
行き着くことがほとんどのように
思いますので、

そうであれば、ダイレクトに
関係性を良くしていくことに注力した方が、
望む結果は早く得られるように思います。

 

もし、同様のお悩みをお持ちでしたら、

「どう言えば、どうしたら、
 相手は自分の言うことを
 きいてくれるのか」

に腐心するよりも、
関係性を良くすることに
心を砕いてみてくださいね。

 

     メニュー