「夫の心を取り戻すには苦しい思いを抑えて優しく接しなくちゃいけない」って本当?

男女がカップを合わせている図のタロットカード


最近、何回かですが、
不倫・浮気がらみの記事が続きました。



そして、またもや
不倫・浮気がらみの記事ですが、

今回は、
夫の不倫・浮気が発覚した後に
やり直そうと頑張っている妻に
「あるある」なのではないかと
思われるお悩みについて、
書いていこうと思います。



夫の不倫・浮気の発覚後に、
離婚ではなく夫婦を
続けていくことになったので、
夫婦の関係を再構築していこうと
(妻は)努めている
という場合において。



①夫は相手とは別れたとは
 言っているけれども、どうも、
 関係はまだ終わっていないようだ・・・。


②発覚した相手とは別れたようだが、
 今度は違う相手が現れたようだ・・・。


③夫も相手とは別れたとは言っているし、
 それらしい影も見当たらないけれども、
 夫を信じられず、どうしても疑ってしまう。



と、まぁ、
いろいろなパターンはあるわけですが、

外に向かってしまっていると
感じられる夫の目を、
自分(妻)の方に戻したい、
自分に目を向けてほしいと
願う妻が陥りがちなお悩みが
あるように感じています。



そのお悩みとは・・・

『夫の心を取り戻すために、
 苦しい胸のうちを抑え込んで、
 優しく慈母のように接しなければと
 頑張っているけれども、
 苦しさは増すばかり・・・。
 これで本当に夫の心は戻ってくるの?』

というもの。



確かに、私も
『夫の不倫・浮気発覚後のやり直しで
 気をつけたいコト(その1)
 – 夫に感情をぶつける –』
 という記事の中で書いたように、

夫に対して、
苦しい妻の胸のうちを感情的にぶつけたり、
責めたりはしない方がいいと思っています。



でも、
傷ついた苦しい胸のうちを抑え込んで
慈母のように接するなんて、
そんな不自然なことを続けるのは、
到底無理だとも思っています。



そんな不自然なことを続けていたら、
苦しさが増すばかりなのも当然で、
いずれ、爆発するか心の病に
なってしまうのではないでしょうか。



それにね、
それが夫の心を取り戻すために
効果的なのかという点でも
疑問を感じちゃうんですよね。



だってね、これって、
けっこう怖いと思うんですよ。



心の中は、
グツグツとしたものでいっぱいなのに、
それを抑え込んで
優しく慈愛に満ちた母のように
接するって・・・。



私には、般若のお面が
取れなくなってしまった人が、
マリア様のマスクを被って
接しているのと
同じように思えてしまうんです。



(般若を持ち出したりして、
 気を悪くされる方がいらっしゃる
 かもしれませんが、
 般若の面が表現している
 「嫉妬や恨み」なんて、
 誰の心にも巣くっていますよね)



それに、
般若がマリア様のマスクを被って
接してくるって、
実際にイメージ化してみると、
怖い上に、
ちょっと面倒くさい感じもします・・・。



男性は、(特に後のことを深く考えること
もなく不倫や浮気に走るような男性は)、
怖いことと面倒くさいことが大嫌いです。
(完全に私の独断と偏見に基づく意見ですが)



女性も怖いことや
面倒くさいことは嫌いですが、

それでも、女性は、
怖くても面倒くさくても、
それを引き受けようとする
傾向があるように感じるのですが、

男性はそれから逃げる傾向の方が
強い気がします。
(これも私の超独断と偏見に基づく意見ですが)



だから、私には、
苦しい胸のうちを抑え込んで
慈母のように接することが、
夫の心を取り戻す
有効な手段であるとは
思えないのです。



じゃぁ、
その代わりにどうしていったらいいのか、
ということですが、

ちょっと新しい試みとして、
タロットカードに聞いてみようと思います。



テーマは
『今回、取り上げたようなお悩みで
 苦しんでいる方が、
 夫と心を通い合わせられる未来を
 創っていくためには
 どうしたらいいか』



誰か特定の方についてではなく、
多くの方が抱えている共通の
お悩みについてカードに聞いてみる
という設定でいってみましょう!



ということで、
下の画像がそのテーマで
展開されたカードたち。



一番上の、男女がカップを
合わせているカードのような
イメージを目指す未来に設定して、
2段目と3段目のカードを
展開しました。

あるスプレッドに展開されたタロットカード6枚

では、
この展開されたカードからの
メッセージを私なりに
お伝えしていきます。


・~・~・~・~・~・~・~・~・


苦しい胸のうちを抑え込んで
慈母のように接するという努力を
続けてきたようですが限界のようです。

このやり方ではうまくいかない
ということを受け入れた先に
夜明けも見えてきそうです。



こうなってほしい、
こうであってほしい、という
握りしめるような強い思いを持って、
その実現のために努力を
続けてこられたようですが、
これまでのやり方で、
どのような結果が出たのかを振り返り、
その方法や自分の気持ちを
よく見直してみましょう。



相手(夫)の気持ちや
行動がよく分からず、
そのとらえどころのなさに
困惑することも多いでしょうが、

まずは、自分の
素直な気持ちをしっかりと
感じていきましょう。

自分の苦しい気持ちや
つらい感情を抑え込んでいると、
喜びや嬉しさを感じるセンサーも
さびていってしまいます。

自分の心を抑え込むのをやめて、
あふれ出る感情を、
まずは自分で受け止め、
感じていきましょう。



で、
「もうちょっとヒントをちょうだい」
ということで、
今後の行動指針について、
もう1つ、カードを展開してみますね。

あるスプレッドに展開された3枚のカード

未来が自分にとって
満たされたものになっていく
ことを信じて、

こうだったらいいのに、
こうしてほしいのに、
という相手に対する期待を、
いったん手放してみましょう。



夫に対して傾けていたエネルギーを、
自分の生活を充実させる方向に
振り向けて、

何か人と分かち合えること、
喜びを共有できるようなことを
始めてみるとよいでしょう。


・~・~・~・~・~・~・~・~・


結局ね、
ありきたりにはなりますが、
相手(夫)を
どうこうしようとするのではなく、

「自分にエネルギーを注いであげて」
ということになるのかと思います。



自分の気持ちや感情を
相手(夫)頼みにしたり、

自分の生活を
相手(夫)一色に染めてしまわずに、

自分の生活を充実させていくことが
自分(妻)の魅力を取り戻していく
ことに繋がるのでしょうね。



相手(夫)にばかりフォーカスして、
その反応に一喜一憂していると、
消耗するばかりですしね。



そうそう、あと、
自分の気持ちや感情と
上手に付き合っていくためにも、

私自身は何よりも
「吐き出し」
をしていくことをお勧めします。



苦しい胸のうちを
溜め込んだままにしておかずに、
ちゃんと受け止めてくれる人に
聞いてもらったりして、
「吐き出し」をしていくことが

自分だけでなく、
相手(夫)とも冷静に向き合える
大きな助けになりますから。



あ、でも、
「吐き出し」をする相手は
夫以外の人にしましょうね。



「吐き出し」の相手は
夫以外の人にした方がいい
ということについては、
こちらの記事が参考になる
かもしれませんので、
よかったら読んでみてくださいね。

→ 夫の不倫・浮気発覚後のやり直しで気をつけたいコト(その1)- 夫に感情をぶつける –


     メニュー