「お別れ」と「復縁」と「幸せ」の関係

割れたフェルト生地のハートの半分を元のハートにくっつけようとしている手


今日は、
「お別れ」と「復縁」について
思うところを書いてみたいと思います。



「復縁」って、占いなどでは、
ものすごくニーズが高いテーマのようです。



とあるカウンセリングサイトでも、
復縁をメインに扱っている先生は、
とても人気が高かったことを記憶しています。
(その先生のカウンセリングが
 とてもいいからってことも、
 もちろんあったと思います)



復縁が占いのテーマとして、
ものすごくニーズがあるというのは、
私もよぉく分かります。



だって、
自分が望んでいないときの「お別れ」ほど
つらいものはないですもんね。



ひょっとしたら戻ってきてくれるかも・・・。
どうしても戻ってきてほしい。
どうしたら戻ってきてくれるの・・・。



そんな思いを抱えて、
占い師さんのところに通ったり
電話をかけたりするのでしょう。



相手は戻ってきてくれるのか?
戻ってくるとしたら、それはいつなのか?
何をどうしたら戻ってきてくれるのか?



それらの答えを求めて、
期待通りの答えがもらえるまで、
ジプシーをする人も少なくないかもしれません。



霊能力のある占い師さんの中には、
縁結びという術で
復縁を後押ししてくれる方もいるそうな・・・。



でも、
お別れした男女の意思を翻意させるって、
ものすごいパワーですよね。



そういう術で望みの効果を出す力を
持っている方も
実際にいらっしゃるんでしょうし、
それによって復縁をされた方も
いらっしゃるんでしょうが、

術によって誰かの意思を、
無理やりに変えさせることで、
どこかにゆがみとかって
生じたりはしないんですかね・・・。



私なんかは、そういった、ある意味、
不自然なことをしかけていくと、
たとえ効果が出たとしても、
どこかにエネルギーのゆがみみたいなものを
生んだりするんじゃないかと
思っちゃうんですけどね・・・。



で、もし、
何か・どこかにゆがみが出るとしたら、
そのゆがみを引き受けるのは誰なんだろう?
とか思っちゃったりもするわけです。



術を依頼した人か、
復縁の対象者か、
それとも術をかけた人か・・・。



まぁ、それは置いておくとして・・・

実際のところ、
いったんお別れした男女が
復縁できる可能性って、
そんなに高くはないんじゃないですかね。



お別れに至ったのには、
それなりの理由があってのことでしょうから、
普通に考えれば、
その理由が消滅もしくは変化しなければ、
復縁とはなりにくいでしょうからね。



でも、私は、
それでいいんじゃないかと思うんですよね。



結局は、
なるようにしかならないですし、
お別れしたからこそ得られる
新たなご縁というものも
あるわけですから。



それに、
そのお別れが結果的に良かったのかどうか、
復縁できたとしても、
それが良かったのかどうかなんて、
後になってみないと分からないですしね。



というか、
後になって振り返ってみたときに、
その振り返りをした時点で幸せなら
「あの時、別れてよかったんだ」
って思えるんでしょうし、

そのときに満たされない思いで
暮らしていれば
「あの時、別れなければよかった」
になってしまうんじゃないでしょうか。
(これは「離婚」でも同じですよね)



だから、大事なのは、
「お別れ」なら「お別れ」した後、
「復縁」なら「復縁」した後を
どう過ごしていくかなんだと思います。



どんなにつらい失恋・別離でも、
少しづつかもしれませんが、
いつか必ず傷は癒えていきます。



卑屈になったり、
自暴自棄になったりせずに、
傷がだんだんと癒えてきたら、
自分の可能性を信じて
オープンに自分を幸せにしていく行動を
とっていけるかどうかで、
つらかったお別れをどう振り返れるかも
変わってくるのではないでしょうか。



つらくてつらくて、
心が痛みでのたうち回っているときは、
ただただ毎日をやり過ごすだけで
精一杯かもしれません。



そんなときは、
占いで復縁の可能性を尋ねたりすることが、
毎日をやり過ごしていくのに役立つなら、
それもおおいに結構!ですよね。



ただ、そんなときでも、
もしかしたらその「お別れ」が
将来のあなたを助けた可能性があることも
胸に置いておいてほしいなぁと思います。



付き合っているときに、
なんとなくではあるけれども
違和感を感じていたり、

ふとしたときに
「なんか、あれ・・?」
と感じることがあったという場合は特に。



相手のことがすごく好きな場合には、
感じた違和感は感じなかったことにしたり、
「なんか、あれ・・?」も
スルーしてしまいがち。



相手があなたをフッてくれたおかげで、
より幸せな家庭を築ける相手と
めぐり逢えることになるかもしれませんよ。



今はそう思えなくてもね (^_-)


     メニュー